廃油処理の際に欠かせない容器を準備するには

大量に排出した廃油の処分方法【ドラム缶の貸し出しサービスの活用】

廃油処理の際に欠かせない容器を準備するには

工場

企業から大量に出る廃油は専門業者に回収してもらおう

廃油は燃焼性がある上、正しい方法で処理しなければ環境汚染にも繋がるため、細心の注意を払って取り扱わなければならない産業廃棄物だといえます。自社内で処理するのは簡単ではないので、廃油処理専門の業者に依頼しましょう。専門業者であれば、廃油の種類を分析して適した方法で処分してくれますし、再生油としてリサイクルすることも可能です。

専用のドラム缶も貸し出し可能

廃油の処理を専門業者に依頼する場合、自社外に持ち出せるよう容器に入れておかなければなりません。しかし、容器はなんでも良いというわけではなく、火が引火しないよう安全に保管しておく必要があります。廃油保管用の専用容器をレンタルしている業者もあるので、適切な入れ物がない場合には業者に相談してみましょう。ドラム缶や一斗缶、タンクをレンタルできます。

廃油回収サービスをよく利用している業種TOP3

no.1

製造業全般

事業内容によって排出量は異なるものの、製品を製造する過程で廃油を排出するのは製造業全般の共通点です。製造業の中でも、特に化学製品を製造している企業は、廃油排出量が多いのが特徴です。

no.2

鉱業や採石業

鉱業や採石業は一見、油とは縁がないように見えますが、油圧式の重機を使用しているため廃油が排出されます。企業数はそれほど多くありませんが、一度の事業に大量の廃油を排出するという特徴があります。

no.3

サービス業

サービス業といってもその内訳は様々です。飲食店からの廃油排出量も多いですが、サービス業の中では、特に自動車整備工場からの排出量が多いといえます。

廃油も貴重な資源

産業廃棄物に数えられる廃油ですが、精製すれば再生油としてリサイクルすることができます。石けんを作ったりキャンドルを作るなど、貴重な資源として生まれ変わるのです。

一緒に読みたい記事

工場

廃油処理の際に欠かせない容器を準備するには

廃油は燃焼性のある産業廃棄物であるため、取り扱いには十分注意しなければなりません。専門業者に依頼すれば、適切な形で処理してもらえます。

READ MORE
瓦礫

ガレキ選別が必要な理由と選別に必要な重機について

ガレキ選別には運搬するためのコンベアーや、ふるい分けるためのスクリーンといった様々な重機が必要となります。中古品を購入しても良いですが、利用頻度が低いならレンタルがお得です。

READ MORE
ゴミ

産業廃棄物の回収を依頼する業者の選び方を把握しておく

一口に産業廃棄物といっても、その種類は豊富です。回収業者によって取り扱い品目は異なるので、自社の廃棄物を回収してくれる業者であるか確認してから依頼しましょう。

READ MORE
油

廃油をリサイクルして作り上げる再生油に注目しよう

以前は処分されることが多かった廃油ですが、近年は科学技術が進歩してリサイクルが可能になりました。環境保全のためにも、廃油は専門の業者に依頼して再利用しましょう。

READ MORE
広告募集中